メニュー 閉じる

カプセルキット DX x Santini Japan

カプセルキットとは

Santini Japan(=Bike Forward)独自の取組

カプセルキット方式とは、歴史と伝統を有するスポーツ自転車産業の根底に流れるかかわる人々のサイクリングへの思いや情熱はそのまま維持し、そこへDX(デジタルトランスフォーメーション)の一環で導入した最新のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)技術を融合させることによりサプライチェーンの持続性やワークフロー分析の効率性を加速させ、同じ製品を低コストで生産流通させることに成功した最新の生産方式です。

カプセルリスト

価格抑制の理由

製品自体に注がれる製造関係者の思いと品質は一般の製品と何ら変わるところがありません。同じ人の手を介して、同じ素材、同じ工程、同じ品質管理が行われています。一般の製品との違いは、製造モデルを限定することで可能となる様々な調整可能な要素(製造ラインの調整や、リアルタイムな流通経路の調整、等々)の調整が働くことで、且つ、それらが自動化されている点にあります。時間とコストが削減され、販売価格の効率的な抑制がもたらされます。

カプセルキット方式で生産された製品は、ヨーロッパで買うよりも日本から取り寄せた方が安く買えるという逆転現象さえ可能にします。

Santini Japanの運営会社である株式会社バイク・フォワードにおけるコロナ禍に伴うサプライチェーンの毀損への対応の中で実現しました。